職人であるという誇りが支える家づくり

木を見て、ひとを観ることを
大切にしていきたい

 かつて、それぞれの地域で行われていた家づくり。山の製材所では、一本一本の木の性質を見て挽き、適材適所に木取りをし、ほとんどの木を無駄なく使い切りました。

 大工もまた、木のくせや乾燥の程度を自分の目で確かめ、樹種に応じて、使う柱や梁の本数、大きさを調べ、発注を行い、そして入手した一本一本の木材の素性、木目、節があるかないかを見極めながら、木と木の継ぎ方を考えていたのです。

 そこには一本一本の木と、職人がそれまでに経験を積んできた知識や勘、自らの技術との対話があります。

 私たち人間が、手づくりによってできた上質なものに共感を覚えるのは、それは創造する人間の厳しい修練を積んだ高度な手技とともに、その人間の、もの造りに対する真摯な態度を読み取るからではないでしょうか。

 建築の部品が、細部にいたるまで商品化され、家そのものも規格化されつつあります。現場で大工がノコやカンナで木材を加工し、部材を一つひとつこしらえることも、めっきり少なくなりました。

 規格化されたものは、建物の個性をなくすばかりか、敷地との形状、環境との親和性を最初から失っています。敷地は、一つとして同じものはなく、地形は同じでも方位や環境、そこから見える風景も違い、光の方向、見える風景もまた違うのです。

 自由設計・注文住宅の原点にあるものは、住まうひとの個性であり、それと敷地や風景の個性をいかに組み合わせていくか。それらがあって初めて、建物のかたちが生まれ、その体現に職人集団の英知と技術が発揮されていくものなのです。

 丸順工務店は、生粋の職人の集まりです。ひとの暮らしの営みを凝視し、自然の本質に敬意を表しながら、一軒一軒の家に生命を吹き込んでいく。こうした思想と技術に裏打ちされた家は、まさしく世界に一つしかない、家となっていくはずです。少なくとも、そう信じてやまない職人たちがここにいます。