忘れてはならない固有の文化

暮らしの機徴と
自然の営みが併せ持つ
膨大な英知を
後世に伝承していくためにも。

  岩手の農村部には、古くから南部曲がり家という特徴的な民家形態がありました。外観的な特徴だけでなく、馬とひととが深く関わりあいながら暮らすというこの独特の形態は、用と美だけでなく、環境との親和性にも秀でた建築として、岩手固有の財産として受け継がれています。

 遠野にはまた、「中搦(ちゅうがらみ)」と呼ばれる工法があります。主に「船がい造り」(軒の出を深くする工法)に使われますが、その機能を意匠性は、農村部にも街なかにも融和し、そこには南部曲がり家と同様、岩手の住文化を継承するための、多くの示唆が隠されているかのようにも思えるのです。

 先人たちは、地域の木を畏敬の念をもって山から伐り出し、それを時間をかけて感想し、風土にあった意匠の家を、職人の技術と知恵で継承してきました。住み手もまた、木や土や石という自然素材を理解し、風土とおおらかに付き合う心で、個人資産とは別の視点で、環境資産としての家を受け継いできたのです。

 そうして、地域の製材屋、材木屋、大工や左官など、顔の見える関係でつながった職人集団によって造られる家が、地域の経済を維持し、彼らと住み手との半永久的な相互理解さえも容易にしてきたことを、私たちは忘れてはなりません。

 利潤確保のための合理性だけで家を考えるのではなく、そこでひとが生き、暮らすという現実を謙虚に捉えていく。さらには、自然を生かし、地域で人が働くということ、風土や文化の継承という視点をも含めた、家づくりのシステムが、いまほど求められている時代はありません。

 伝統の固執だけでなく、科学に裏付けされた性能を具現化する思想や技術も必要でしょう。ひとをいかにして病気やケガから守っていけるか。加齢後も可変的に住み続けていけるデザインを実現するか・・・など「予防医学」や「居住福祉」といった視点も大切にした家づくりがここにあります。